WEB予約 お問い合わせ

〒571-0071
大阪府門真市上島町44-9

萱島駅より徒歩3分 氏井歯科矯正歯科のスタッフ紹介です

スタッフ紹介

Staff

ご挨拶

GREETING

皆様、はじめまして。
院長の氏井 公治です。
この度、祖父、父と続いた医院をリニューアルさせていただきました。

当院は全ての患者様に対して安心安全で通いやすい歯科医院を目指しております。
特にカウンセリングを重視し患者様の悩みに全力でお応えできるようにし治療の面ではなるべく痛みの少ないやさしい治療を心がけております。

また、患者様の御要望にお応え出来るよう、最新の医療を提供出来るように日々研鑽を積んでおり、インプラントから矯正治療まで幅広く対応致します。

10年、20年先を見据えたお口と健康作りのサポートをしていきます。

氏井 公治

院長

氏井 公治

経歴

     
平成8年 帝塚山学園高等学校 卒業
平成17年 愛知学院大学歯学部 卒業
平成17年 門真 春次歯科医院 勤務
平成23年 京都府右京区 医療法人 裕和会 タキノ歯科医院
ペリオインプラントセンター勤務
平成26年 氏井歯科医院 勤務
寝屋川市 おかべ歯科 非常勤勤務
平成30年 氏井歯科矯正歯科 開設
令和2年 リニューアル
令和3年 門真市歯科医師会理事就任

資格・所属学会

  • 日本口腔インプラント学会(ケースプレゼンテーション試験合格)
  • 成人矯正歯科学会(学会認定医研修プログラム2年間コース受講)
  • 臨床歯周病学会
  • JSCO(ジアズスタディークラブ 大阪)
  • ENの会
  • 大阪府歯科医師会会員
  • 門真歯科医師会会員
  • JSOI口腔インプラント専修医

研修履歴

平成21年 本多正明先生 咬合補綴診断セミナー
平成22年 JIADS ペリオコース
平成24年 JIADS インプラントコース
平成25年 JPI 咬合診断コース
平成27年 JIADS補綴コース
平成28年 林揚春先生 抜歯即時インプラントコース
平成29年 EN basic コース
口腔インプラント生涯研修センター
日本口腔インプラント学会認定講習会
インプラント100時間コース
平成30年 JIADS ペリオ&インプラントアドバンスコース
河原 英雄 デンチャーコース
平成31年 JIADS DGPコース
成人歯科矯正学会認定医研修プログラム2年間コース
令和2年 日本口腔インプラント学会ケースプレゼンテーション試験合格
iceed イブンニングセミナー受講
令和3年 日本口腔インプラント学会専修医取得
Dr.瀧野裕行のインプラント実践講座受講
令和4年 『第9回マスター!安全なソケットリフト・サイナスリフト』受講 講師 小田師巳(iceed)
5Dジャパンファンダメンタルコース受講予定

研修履歴

研修履歴

研修履歴

研修履歴

著書紹介

インプラントジャーナル 81号
2020年3月

インプラントジャーナル 81号

若年者における上顎中切歯部へのインプラントアプローチ

インプラントジャーナル 83号
2020年9月

インプラントジャーナル 83号

上顎左右側中切歯部へのインプラントアプローチ

インプラントジャーナル 88号
2021年12月

インプラントジャーナル 88号

咬合崩壊した高齢者に対して咀嚼機能の早期回復を目指した一症例

院長 氏井 公治の半生

出生~幼稚園の頃

出生~幼稚園の頃

昭和55年4月5日の聖バルナバ病院にて氏井家の長男として産まれました。約2年後に弟が生まれ、氏井家は父、母、姉、私、弟の5人家族となりました。現在、姉は歯科衛生士として弟は歯科矯正医として一緒の医院で働いております。幼稚園は地元のめぐみ幼稚園に通園しました。現在ではめぐみ幼稚園のかかりつけの歯科医として歯科検診をさせていただくようになりました。様々なご縁に感謝しております。

小学生の頃

人見知りでおとなしい性格でしたが、小学生3年生で始めたサッカークラブ(門真FC)に所属しグラウンドを毎日走りまくる少年へと変わりました。サッカークラブでは友達がたくさん増え、大きな声を出しチームプレーを学ぶ機会になったので今でもやって良かったと思います。

中・高校生の頃

中学入学当時、Jリーグが発足されたばかりでサッカー部に入部希望者が殺到しました。ずっとサッカーをやっていたので勿体無く感じたのですが、当時阪神ファンだった私はどうしても野球をやりたく、未経験ですが思い切って野球部に入部しました。
実際、野球は難しくなかなかうまくなりませんでしたが、たくさんの仲間ができ結果的に中学、高校、大学と野球を12年間続けることになりました。

大学生の頃

大学生の頃

大学は愛知県名古屋市にある愛知学院大学の歯学部に入学しました。祖父、父とも歯医者だったのですが、それでも歯科という分野は未知の領域で、見ること学ぶことがとても新鮮でした。
特に臨床実習がとても好きで、歯についてを学ぶことは自分に合っているなと思っています。部活では、準硬式野球部に入りました。
準硬式では硬球の球とは異なる、外は軟球、中身は硬球という変わった球を使います。オールデンタルという大会があり、全国の歯科大学が集まってやる大会では5年生と6年生のとき4位という結果でした。今でも、その当時のメンバーで草野球チームで野球をやる機会があります。

大学卒業後

大学卒業後

大学卒業後は大阪に戻り、門真市内の歯科医院で6年間勤務しました。初めての社会人は大変でしたが、たくさんの先輩方に支えられ少しずつ社会人としても歯科医師としても成長することができました。その後、歯周病を勉強するため日本でも有数の研修期間であるジアズのペリオコースを受講した際に、当時講師であり現在はジアズ理事長である瀧野裕行先生の医院であるタキノ歯科ペリオインプラントセンターに縁があり勤務させていただけるようになりました。
タキノ歯科では3年間お世話になったのですが、本当にたくさん貴重な経験をさせてもらいました。患者さんに対する姿勢、治療に対する姿勢、スタッフや業者さんに対する姿勢など、どれも自分にとっては勉強になり、振り返ってみると人間的にとても成長させてもらったと思います。保険全般、自費治療(オールセラミックや、インプラント)などもやらせてもらい、地域密着型の歯科医院としての総合的な技術を、タキノ歯科で学ぶ事ができました。これからもその時の経験を生かしながら歯医者の仕事をしていきたいと思っています。

父の急死

タキノ歯科退職後は父の体調が不良だったこともあり現医院の氏井歯科医院を手伝うことになりました。当時はまだ違う場所で開業を考えていたので医院継承するか悩んでいました。しかし、父が脳出血で倒れその後急死したことで状況が大きく変化しました。
今まで通ってくれた患者様に対して最後まで誠意を尽くすため、また自分を育ててくれた医院に感謝するために医院継承することに決めました。

リニューアル

継承してからは氏井歯科矯正歯科と名称を変更し、矯正医である弟とともに矯正治療を取り入れてよりお口だけでなく全身的な治療ができるように努めました。継承後、二年の間に都市開発の影響で駐車場が小さくなりお車で来院される患者様にご迷惑になること、また設備や内装外装が古くなり少しでも快適な空間で診療を受けていただくためにこの度少しですがリニューアルをすることにしました。

今後とも通院していただいた患者様に対して、誠意と責任を尽くし一生涯通じて、門真市・寝屋川市の近隣住民の方々へ健康のために費やすことができればと考えます。

氏井 庸介

副院長

氏井 庸介

はじめまして。
副院長の氏井庸介です。

安心できる矯正治療には、歯科医師の専門的な技術と、患者様ひとり一人に合わせたオーダーメイド治療が大切です。
また治療の目的は、歯並び、咬み合わせだけでなく、顔面プロフィールの改善もとても大切と言えます。

当院で詳細をご説明した後に、実際に矯正治療を行うかどうか決めていただきます。

ご自分やお子様の歯並びが少しでも気になっている方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

経歴

   
2007年 大阪歯科大学卒業 歯科医師免許取得
2012年 大阪歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)にて
博士(歯学)取得
2013年 大阪歯科大学歯科矯正学講座 講師(非常勤)
2014年 大阪歯科大学ポストドクトラルフェロー博士研究員
2015年 小山矯正歯科クリニック 副院長
2016年 氏井矯正歯科クリニック 院長

資格・所属学会

  • 日本矯正歯科学会
  • 日本舌側矯正歯科学会
  • 近畿東海矯正歯科学
  • 日本顎関節学会会員
  • 日本顎変形症学会
  • 日本口蓋裂学会
  • 大阪歯科学会

証書

2016年8月17日

USCコース

USCコース

2016年3月21日

修練会 OTコース

修練会 OTコース

2015年3月26日

i station リンガルコース

i station リンガルコース

2014年9月07日

ハーモニーリンガルコース

ハーモニーリンガルコース

2016年8月19-20日

南カルフォルニア大学矯正歯科コース

南カルフォルニア大学矯正歯科コース

pagetop